保険料変わらず保障が手厚くなりました。

私は独身時代に入った掛け捨ての医療保険と死亡保険を結婚してからもそのままでいました。
主人は結婚と同時に、独身時代に入った保険を見直したけど、医療に関してはそのままで、死亡保障を大きなものにしました。
夫婦の掛け金の合計は約3万2千円でした。

この時は保険の事を全く知らず、保険会社Aに全てお任せしたため、保証内容の説明などしてもらったのですが、ほとんど理解しないまま保険会社Aが自分達のことを考えて提案してくれた保険だからと、いい加減に聞いていました。

入院している人と見舞いの人それから、半年もたたないうちに主人が咽頭炎で入院し、扁桃腺を取る手術をすることになりました。
私は専業主婦のため、主人が入院すると収入が無くなってしまいますが、有給がかなり残っていて入院期間は有給を使えたので助かりました。
それで日々の生活は安心できたのですが、入院費や手術費が不安でした。

このとき主人が入っていた保険は、入院日額6千円だったので10日間の入院で6万円給付され、健康保険からの給付も4万円ほど頂きました。
このときの入院費用・手術費用・交通費などを合わせると、合計で16万円かかり自己負担は6万円で済みました。
この入院・手術で保険のありがたみが身にしみてわかりました。

3年がたったある日、ニュースでみる癌で亡くなった方や保険のCMを見て、現在入っている保険が自分達にとって最良なのか、現在の保障はどういったものなのかが気になっていました。

現在の保険会社Aとは違いますが、タイミングよく別の保険会社Bの方と話すことができました。
その方に、今の保険の保障内容と本当にこの保険で良いのかを聞きました。
見直す気はなく、あくまで現在の保険の確認のつもりでした。

ですが私の保険に関しては、掛け捨てなので絶対見直したほうが良いと言われてしまいました。
主人に関しては、十分な保障内容で見直す必要がないと言われ安心したのですが、保険会社Bに「この見直す必要がない主人の保険を、より良いものにすることはできますか?」
と聞いたら、後日提案できる資料を持ってきてくれることになりました。

提案されたのは、主人の終身保険の入院日額が1万円になり死亡保障はほぼ変わらない金額でガン保険をプラスして、
私の終身保険の入院日額は1万円でガン保険をプラスして、夫婦の掛け金は60歳払い込みで3万2千円と変わらない金額でした。

掛け金が変わらないのに保障が手厚くなったので、保険会社Bに切り替えようかと悩みました。

そこで保険会社Bに、もし切り替えた場合のメリット・デミリットを聞いたところ、今現在の保険は積み立てなので解約したとき、掛け金合計より積立金が下回ることや、ガン保険に関しては定期保険だというデミリットを丁寧に説明していただきました。

見直す期はさらさらなかったのですが、このデミリットを丁寧に説明してくれた事が何よりのきっかけとなり、保険を切り替えることにしました。
その結果、私の保険はかなり手厚くなり、主人の保険もより手厚いものになったので見直してよかったです。

ジュエリーを売るためのデート商法に注意

ある日、一本の電話がかかってきました。
相手の名乗る名前に覚えはなく、親から電話を代わってもらい話し始めると「普段はバイトがするんだけど、今日は急に休みになっちゃったから自分が電話しているんだよね」と言うようなことから始まり、いつの間にか話の内容はその人の身の上話で苦労話を聞かされていました。
でもその時は話に入り込んでしまい、涙を流して可哀想、、頑張ってるねと応援の言葉をかけました。

そしてその電話で彼と会う約束をして、とある駅で車に乗り、ホテルの喫茶店に行きました。
そこで彼とまた楽しく話をした後に、彼の部下らしき男性が現れました。
その部下が現れて少し経つと、もともとの彼は電話がかかってきたため席を離れ、部下とツーショットになる場面に…。

女性を騙す男性そこで部下から彼が私に気があることを聞かされました。
電話したときから気になってて、今日も楽しみにしていたとかなんとか…。
ちょっと嬉しい気分になった時に彼が戻ってきて、それから部下も含めて三人でお話をし、その後彼のしている仕事の話になりました。

彼の仕事はジュエリーを作る(デザインする?)仕事で、宝石を扱うひとなんだとか。
苦労話も聞いていたので、頑張ってるねーなどという流れから、「俺の作品見てみる?」となり、彼の務めているショップへ。
そこで幾つか作品を見せられ、「どれがいいと思う?」とか「○○ちゃんはこれが似合いそうだね」とか言われて勧められた後、「これ買って、俺と一緒に頑張らない?」という話に。

苦労話をされて応援してあげたいという思いもあり、そこで契約書を書いてしまいました。
…数十万もするジュエリーの契約書です。
いい雰囲気のまま部下とは別れ、帰りの送ってくれる車の中でも「これからもこの車の隣でさー」みたいな話されました。

ですがその日から彼と連絡がつかなくなり、電話しても留守番や繋がらないなどの日々が続き、一度繋がったのは「やっぱりあの商品クーリング・オフする」という留守録をした後で、折り返し電話が初めてきました。
その後また彼と再開して話したのですが、上手く丸め込まれ契約は続行。

しかしまた連絡が途絶えたため、これはおかしいと感じて友人のススメもあり消費者センターへ相談に行きました。
するとデート商法のようだということで彼の勤め先に契約破棄の手紙を書くように言われました。
運良く契約書に書類不備もあったため、何事もなかったという事になりましたが、危うく数十万も騙し取られると事だったと聞いて恐ろしく思いました。

すぐに人を信用してしまうのは危険ですね。
いきなりかかってくる電話にやはりいいものは無いというの強く感じました。

安くても釦などを変えるだけで、オシャレに見える

基本的にカチッとしたスーツは着ません。
ラフになり過ぎず、派手ではなく、相手に不快なイメージを与えない服を着るように心がけております。
先日SALEが始まったので、ショッピングモールで半袖シャツを2枚購入しました。

おしゃれなボタン全て無地で、どのブランドか分かってしまう様な特徴があるポケットが付いている物は購入しません。
まずは水色のボタンダウンタイプです。
仕事柄、洋服のパーツは幾らでも入手出来るので、木目調の釦を選びました。
襟にクリアの釦が付いておりましたが、それを外して、木目の釦を水色の糸で縫い付けます。
それだけでかなりイメージが変わります。

もう1枚は紺色のオーソドックスなシャツです。
ポケットの口部分に、10㎜位の幅の白と紺のボーダーのニットテープをエンジ色の糸で縫い付けます。
何となくトリコロール的なイメージになります。
シャツの値段ですが、1枚1500円でした。
少しだけ、いじる事で、他の人とかぶる事もありません。

また、ネットで革製のやや大きめなトートバッグも購入しました。
色はやや明るめの茶色です。
それを手で軽く揉んでから靴用の油を塗り、ブラシで少しこすります。
多少、使用感を出した方が、何となく高級な感じに見えると思います。
値段は5000円でした。

安くても、シャツはきちんとアイロンをかけるとか、綺麗な靴を履く事などで、楽しく過ごせております。

究極の倹約家とのデートで生きる能力が上がる

異性とデートに行く、となるとやはり考えないといけないのは資金面のことだと思います。
お金がないときはもちろん、ある時だって出費の多いデートを重ねていくと生活に支障が起きます。
でも出費を恐れるあまり自宅デートが続くと、今度は相手の機嫌を損ねてしまう可能性があるので、難しいところです。
デートにも色々工夫が必要になってきますね。

ハンモックそういった苦労は女性よりも男性のほうに比較的多くつきまとうことでしょう。
けれども中にはとても倹約家で、それでも十分に楽しむことができるお金をかけないデートが得意な男性もいます。
私が結婚した旦那もそういう男性です。

まず、付き合いはじめた時から、食事はいつも屋外でした。
飲食店ではなく、本当に屋外です。
河原や公園にテーブルを広げて、旦那が仕込んできた食材をその場で調理して食べたり、たき火を起こして食材を焼いて食べたりしました。
火が禁止の場所では私がお弁当を作っていきました。

山に登ったり、川で釣りをしたり、林でハンモックをつるしてゆったりとした時間を過ごすことがほとんどでした。
しかし最初はそういったデートが新鮮で楽しかったのですが、それが毎回続くとうんざりする気持ちになることもありました。
そういった時には、旦那はレストランに連れてっていってくれるのですが、そこでも食事クーポン券を使い、現金はあまり使いませんでした。

しかし私に財布出させることもなく、プレゼントをケチったりすることもありませんでした。
友人や親せきもとても多く、食材を頂いたりご馳走になることも多かったです。
旦那はとても体力があり、また器用な人なので家具や財布なども自分で作っていましたし、力仕事でよく人助けをしていました。

お金はモノやサービス対して対価として支払うものですが、モノやサービスに、モノやサービスで返す彼の姿勢は究極の節約家であり堅実な生き方であると思います。
お金をかけないデートは時にお金をかけるデート以上に楽しむことができる場合もあります。
また自分が愛する人となら、どんな状況も楽しめるものだと思います。

急に必要になったお金、、は引っ越しです

転勤族ではないのですが、新婚さん向け賃貸に長年住んでおり、子どもも小学生になったのでもう少し広いところのほうがいいかな、とかねてから考えてはいました。

が、駅から5分以内の条件が、通勤事情ではずせず、この距離でファミリータイプはまずないので半ばあきらめながら時折検索していました。

引っ越しところがある日、その時住んでいた所と駅からの距離が同じか心持ち近いくらいで、部屋一つと大きいWICが付いて、家賃が一万円程度しか違わない新築アパートが目にとまりました。
翌日に不動産屋さんに連絡して、内覧すると非の打ちどころが無く、すでに複数件問い合わせがある・・・ということで、即日仮契約を結びました。

それからが大変でした。
当分いまの手狭な住居でなんとかするつもりでしたので引っ越し費用が

・不動産屋さんにお支払する手数料と敷礼金、当月翌月の家賃諸々約50万円
・引っ越し業者さんにお支払する費用約12万円

を用意しなければなりません。

しかも夫が引っ越しを想定せず、遠距離の海外旅行(三人分)を組んでしまっています。
こちらは唯一の趣味なのでキャンセルはありえない様子。

結局、私(妻)のへそくり的貯金と、抵抗はありましたが子どもの預金・・・、を一時的に切り崩し充填しました。
さらに引っ越し後も新しい部屋で必須な家具家電(照明やウォシュレット等)を購入して追加で10万円ほど支払がありました。

落ち着いたころ、夫のボーナスで子どもの将来貯金の額を回復させました。
「いざという時」が突然来る可能性を常に心の隅にとどめておくべきだと改めて思いました。

新しい住居はとても住みよいので、急な出費は痛かったですが、引っ越しで一年たった今でもこの家に住めて幸せです。

お金がないけど服は欲しいときどうするか?

服が欲しいと街に繰り出せば、一着5000円程度。
コートに至っては一着1万円なんてザラです。
貧乏人の私はこれを買ってしまうと月末もやし生活を強いられます。

ベージュの高そうなコートでも服は欲しいと考えた結果行き着いたのが、古着屋さんです。
あらかじめ街をうろつき、いいな、欲しいなと思った物を覚えておき、古着屋さんで似たものを探します。
見つけたらキチンと試着した上で問題なければ購入という流れでした。

内容はコート二着、スカート二枚、タートルネック二枚、バッグと色々合わせて10点程度あったと思いますが、それら合わせて5000円少し超えたかなという程度でした。
街ではタートルネック一枚で5000円です。
それでこれだけ買えたとあれば100%お得でしょう。

古着屋さんの良いところは求めている服を見つけたときの達成感や、店員の方を気にせず済むとこだと思います。
宝探しのような感覚でこれはいい!と思えるものに出会うとテンションが上がってしまいます。
勿論譲れないポイントや、目当ての物がない場合もあります。

その場合は古着屋巡りを始めます。
それでも見つからなくてどうしても欲しい場合は高いものを買います。

良い物を安く買うならば探す、歩くなどの労力は多少なりと必要になってくると思います。
私はそれも好きなので苦労なく欲しいものを手に入れています。

補正下着のボーナス払い併用

 

私はマスターカードを2枚持っています。
1枚はオリコカードで、公共料金や携帯電話などの支払いで毎月引き落とされるもの。
もう1枚は複合施設で買い物をする時用です。
こちらは主にポイントが多く付く日に主人のアルコール類をまとめ買いする時に使うので毎月ではありません

補正下着

メインで使っているのは、毎月のよう引き落としがある方で、楽天やフリマアプリなどのネットショッピングや個人的な買い物をした時もこちらを利用します。
引き落とし項目は、携帯電話料金、NHK放送料金、生命保険代、ETC料金、個人的ローンです。
個人的ローンというのは、補正下着を購入した際にボーナス併用払いにしたもので、毎月3,000円程度の支払いと夏冬で年に2回2万円の請求が来ます。
勿論、毎月利用しているので知らない間にポイントが溜まっているようですが、利用したことは1度しかありません。

それは先程記述した補正下着を購入する際に料金に充てられる商品券に換えたことです。
それ以降は溜まり続ける一方ですが、サイトを見る限り交換したいと思える商品があまり多くはないようです。
基本的には日常の買い物では使わずに、大きな買い物や毎月引かれるものの支払いに使っています。

知り合いの中には、カードを全く使わない人や持っていない人もいます。
理由を聞くとカードの悪用、不正利用を恐れていたり実際に被害にあった人もいました。
私もキャッシングについては、使い過ぎで後日予想以上の請求が来ることが怖いので、普段使いはしないようにしています。

しかし、反対に現金はあまり持たずほとんどの買い物をカードで済ませている人もいるそうです。TVを見ていて聞いた話なので、芸能人などの多額の請求が来ても良いお金に余裕がある方々の意見なのでしょうが、私には理解することは出来ても、その生活スタイルに変える勇気はありません。

確かに利用金額が高いほどポイントも付くし、サービスも増えます。
しかし、そこばかり見ていてカードの利用方法を間違えないようにしなくていけないと思います。
私も今後カードを使い続けると思いますが、正しい使い方を摸索しながら付き合っていきたいです。

小さいサイズでも安いもので十分

小さいサイズの洋服はなかなかなく、デパートの小さいサイズコーナーで購入するとものすごく高いです。
でも最近はユニクロなどのネット販売でXSサイズを安く購入することが出来るようになりました。

ワンピース

小さい人がぴったりサイズの物を着ているだけで、安いものでも高く思われます。
同じユニクロでも店頭ではXSを売ってないので、不思議とユニクロとは思われません。
さらに、大振りのアクセサリーを付けるとかなりきちんと感もでます。
目立つアクセサリーは印象が残るので、流行ものはGUや300円均一ショップで安い物もいくつか買って使いまわしています。
こまめにかえて目先が変わる上に、トレンド感もおさえるようにします。

洋服自体はシンプルなデザインと色をそろえておくと、アクセサリーと羽織物等でぜんぜん違う印象になるので次のシーズンも着られます。
特に黒はマストです。

先日、黒のユニクロワンピースに300円均一ショップの夏らしいネックレスに100円ショップで材料を買ったイアリング、合計2,000円ちょっとのコーデでしたが、ぜんぜんそうは見えないと言われました。
小さいサイズでも工夫して安くおしゃれを楽しんでいます。

鎌倉の銭洗弁天で金運アップのエピソード

 

私が金運あっというしたかも、というエピソードは三年前くらいに鎌倉の銭洗弁天弁財天いってからのことです。

給料が上がった、とか宝クジに当たった、などではないほですが、ピンチの時に臨時収入が入ってる!と言う事が度々あったので実感しました。

銭洗い

初めて銭洗弁天にいったのはただ単に金運UPして欲しいなーという単純な気持ちからでした。
実際にその時は家賃の更新や急な出費が多く、結構辛い状況でした。
銭洗弁天でお札をあらって、そのお札をずっと財布に入れてお守り代わりにしていました。

そんな時、会社で払っている厚生年金の過払い分が返金される、という知らせが!!約十数万円の返金でした。
これは銭洗弁天のご利益かも、と実感。
それ以来3カ月か半年に一度のペースで参拝することにしています。

これ以外にも、今まで無かったボーナスが支給されたり、、身体を壊して職場を退職することになり、お先真っ暗と思った時にも運良く仕事を紹介してもらい危機を脱出!等々、細々ですがご利益をいただいています。

今まで、神頼み的な事やパワースポットなどあまり興味が無かったので、このエピソードがキッカケでいろいろなパワースポットや寺社仏閣にも興味が出ました。

消えたお弁当代

 

工場地帯にある職場。
お昼ご飯は自宅からお弁当を持参するか、コンビニで購入するか、会社で契約しているお弁当屋さんに発注するかのどれかです。
お弁当屋さんは今時珍しく現金払いでしたので、朝注文時に代金入れの缶に入れることになっていました。

お弁当

2週間分のメニュー表があり、その日は人気メニューで、注文数はいつもの3倍でした。
お弁当1つ350円、その日の注文数は60人で、21000円でした。

お弁当屋さんが配達に来て、週替わりの当番がお金を渡そうと缶を開けたところ、1円も入っていませんでした。
注文した人を集めようにも、仕事場にばらけている状態。
お弁当屋さんは、「今日はツケでもいいですよ。」と言いつつも、明日は絶対に回収するぞという顔をしていたそうです。

無くなったお弁当の代金もさることながら、「今日のお昼はどうするんだ?」というイライラな雰囲気に包まれた職場。

結局、お金を持ち去った人は分からず、その日のお昼ご飯は、職場にあった個人のおやつを分け合いました。
せっかくの人気メニューは食べられず、散々な目に遭いました。

お弁当屋さんは、月末に集金したお弁当代を銀行に振り込む方法に変えてくださり、今は平和にお昼を過ごしています。