クレカの管理が面倒くさい!と感じたら

クレジットカードは便利だし、ポイントも貯まってお得でいいけど管理が面倒くさい!
そう感じたことはありませんか?
持っているクレジットカードが1枚だけならまだなんとかなるかもしれませんが、複数のカードを持っていると買ったものや引き落とし日もそれぞれ違うのでわけがわからなくなてしまう場合も。
どのカードで何をいつ、いくらで買ったのか。
面倒くさくてもきちんと管理をしなければ、大変なことになってしまいます。

そんなクレジットカードの管理が苦手な人には、スマホのアプリを活用してみるのがオススメです。

iphoneとマグカップ

クレジットカードにはいろいろな種類がありますが、スマホが主流の今では各クレジットカード会社で専用のアプリを提供している会社がほとんどなんです。
アプリでは、最近の利用金額や次回の支払い金額、貯まっているポイント数などを確認することができます。
さらに、お得なキャンペーン情報やちょっとしたゲームができるようになっていたりと楽しく管理ができるようになっています。

クレジットカードは、直接現金をお財布から出すことのない支払い方法なのできちんと管理しないと使いすぎてしまう事もあります。
後から、こんなに使ったっけ!?と驚くことがないように便利なアプリで上手に管理していきましょう。

飲み物の節約は恥ずかしい?

季節が夏に近づくに連れて、普段よりも必要になってくるのが水分。
暑くなれば、いつもよりものどが渇くし冷たい飲み物が欲しくなります。
出かけた先や学校や職場で、ついつい自動販売機で冷たい飲み物が欲しくなったり。
そんなついつい買ってしまう、小さな衝動的な飲み物の出費ですがつかているお金は小銭でも、実は結構な出費になってしまっていることに気づいてますか?

がま口小銭

ちょっとした飲み物の出費は、金額を気にしない場合が多いです。
なぜなら、ちょっとしたモノだから大丈夫!と思って買っているからなんです。
飲み物の場合、大体が金額が高くないために気にして購入する人がほとんどいません。
このくらいなら買ってもなんてことない、という考えから値段が高いコンビニや自動販売機で買うパターンが多いのです。

飲み物代を節約するには、水筒を持ち歩くのが一番です。
しかし、水筒を持ち歩くなんて恥ずかしい!という人が結構います。
もしも恥ずかしいと感じるのなら、飲み物を毎回買って飲んだ場合に年間でいくらお金を使うことになるのか計算してみて下さい。
恥ずかしいというだけで、いつでも適温の美味しい飲み物が安く飲める水筒を使いたくないと言える金額ではないと思います。
それに想像していたより、水筒は軽いしペットボトルよりも美味しさもキープできます。
やってみると、案外なんでもないものです。
これからの季節に向けて、飲み物代の節約も身につけていきましょう。

100円ショップの罠

100円ショップって、よく行きますか?
いろんなものが100円で買うことができて、テレビ番組なんかの節約番組なんかでもよく登場するのが100円ショップ。
しかし、何でも100円で買えてしまうお得で節約にもってこいのお店というイメージがすっかり根付いてしまって100円ショップの罠にハマってしまっている人が実は多いんです。

小銭入れを持って嬉しそうな主婦

目的のものだけを買うために、ほかのお店に比べて100円ショップで買うほうが確実にお得だからというのが明らかにわかっていて、その商品を求めていくのなら100円ショップはとてもお得です。
しかし、なかなかそうもいかないのが100円ショップです。
広い店内に、魅力的な100円商品がいっぱい。
目的の商品よりも、買うつもりが無かったのについつい欲しくなってしまった商品でカゴの中がいっぱいになってしまうのです。

100円ショップは、商品の入れ替わりの激しいので次に行った時に買おうとしてももうなくなってしまっていることも多くあります。
よっぽどの売れ筋商品でないと、定番にならないのです。
そういうお店のスタイルもあって、買っておかなくちゃ!と女性はよくまとめ買いをしてしまいます。
それにいろんな商品が陳列されていて、ついいろんなものが目に入ってしまい、いろんなものが安く魅力的に見えて100円なんだから・・・と衝動買いをして結果会計の時には何千円もの支払いをしてしまうのです。
買い物に行く時は、100円ショップだからという考えを捨てて普通のお店と同じ感覚でいないと思わぬ出費になってしまいます。
100円ショップだからと気を緩めることなく、よく考えてお金を使いましょう。

クレカが使えない理由って・・。

何かに悩んで困っているサラリーマン

クレジットカードの利用者は年々増加していて、もはや生活の一部になりつつある重要なアイテムです。
しかし、そんな重要アイテムのクレジットカードが急に使えなくなってしまったら?

クレジットカードが突然使えなくなってしまうなんて、そんなことあり得るの?
と思うかもしれません。
普通に使って支払いもきちんとしていれば、そんな事は起こらないのでは?と思っている人も多くいます。
しかしクレジットカードが突然使えなくなってしまう原因の1位が、限度額を知らないあいだに超えてしまっているということです。

クレジットカードの利用明細を、毎月必ず確認していますか?
特に男性の場合、利用明細を確認もせずに捨ててしまう人がほとんどです。
先月はクレカでいくら買い物をして、今月はいくら使ったか、はっきりわかりますか?
クレジットカードが急に使えなくなったと言う人に聞いても、はっきり答えられる人は、ほとんどいません。
逆に一度も急にクレカが使えなくなたことが一度もない人は、クレジットカードの管理をきちんとしている為に答えられる人がほとんどです。

毎月の利用明細のチェックを欠かさないで限度額を守る、支払いの延滞をしない。
このことさえ守れば、クレカが急に使えなくなくなんてことはありません。
もしもの時のことが心配なら、日々クレカ管理をきちんとするようにしましょう。

お金が欲しい主婦が急増中!?

お金が欲しい・・。
もっとお金があったら、自由に使えるお金があれば・・。
そう思う人はたくさんいます。
誰もがお金が欲しいと思っていると思います。

しかし今、お金が欲しいと思っている主婦が急増中!?らしいのです。

財布が空っぽで悩む主婦

主婦は家計を預かっている立場なので、なかなか自分で自由に使えるお金がありません。
子どもの教育費や旦那さんのお小遣いなどをどうしても優先してしまうので、自分に使うことができるお金が欲しいと感じている主婦の人が増えています。

主婦をやりながら正社員で働いたり、パート勤務している人もいます。
しかし女性はやはり家計のことを一番に考えてしまうので、自分よりも家計を優先してしまいます。
それに子供がまだ小さい、両親の面倒を見なければならないという理由で働きたくても働けない主婦が多いのも事実です。

お金が欲しいと思っている主婦の人というのは、すごく頑張っている人が多いと思います。
家計のため、家族のために自分のことは二の次に考えているからこそお金が欲しいと考えるのではないでしょうか?
家の中のことだとは言っても、主婦も大変です。
たまには旦那さんのお小遣いで、高価なものではなくてもプレゼントししてあげれば喜んでくれると思います。
もしも奥さんがお金が欲しいとぼやいても、多めに見てあげましょう。

電子マネーの仕組み

今では誰もが持ってる電子マネー。
当初はここまで普及するなんて思ってもいませんでしたが、様々な会社で独自の電子マネーが続々と登場しています。

買い物に便利に使える電子マネーですが、そもそもどう言う仕組みになっているのか知っていますか?

定期、電子マネー

電子マネーとは、小銭やお札を直接会計の時にお財布から出さなくても支払うことができる電子的データのお金の事を言います。
suicaやnanacoなどのカード型の電子マネーのカードは、ICチップが埋め込まれています。
このカードの中のICチップに現金をチャージすることによって、何度でもカードを使うことができる仕組みになっているのです。

電子マネーカードで支払いをすることによってポイントが貯まるなどのサービスが当たり前になり、今では主婦がスーパーで買い物の支払いをする時にも電子マネーを利用する姿が多く見受けられるようになりました。
現金で直接支払うよりも、チャージして電子マネーで支払うほうが得できるのなら当然電子マネーでの支払いを選びますよね。

それにかざすだけで支払いが完了するというスピードの速さも、コンビニや駅、スーパーなどでの混雑や待ち時間を緩和してくれるのでとても便利です。

仕組みはシンプルなのに便利な電子マネー。
これからはもっとサービスが充実していきそうですね。

お金を増やしたいなら株しかない!?

お金が短期間でガッツリ増やせると言ったら?
私は株を想像してしまいます。
でも株って、難しそうだしある程度の資金がないと始められないし・・。

結局は株でお金を増やしたいと思っても、なんにも進まないんですよね。
株って難しいイメージありませんか?

お金と貯金箱を持った男の子

資金も知識もそんなにないよっていう人のために、今はプチ株やミニ株っていうものがあるんだそうです。
普通だと株は、ある程度まとめて買わなくてはいけないんですよね。
100株とか・・。
ひとつの株の値段がそんなに高くなかったとしても、100株もまとめて買ったら結構な金額になってしまいます。
しかも結構な金額で買ったのに、損なんてしちゃったらがっかりですよね。

プチ株やミニ株は、1株から買うことが出来るので最初にかかる資金は少なくて済むので初めての方や株初心者の方に人気があるそうです。
ただプチ株やミニ株には色々と制限があって、よくテレビでも特集されているお得な株主優待もありません。
もちろん、議決権もありません。

せっかく株をやるなら、株主優待がないとやっぱりつまんない・・という人は少し資金を準備してから株を始めたほうがいいですね。
最初はプチ株やミニ株で感覚をつかんでみるのもいいと思います。

主婦のへそくり、平均額がすごい!

みなさん、へそくりってしてますか?
へそくりって聞くと、主婦の人が旦那さんに隠れてこっそりしているイメージが強いんですが実際に主婦の人はいくらぐらいへそくりがあるんでしょうか?
主婦の人のへそくりの平均額を調べてみたら、予想以上の結果に驚きました。

赤い小銭入れを持つ主婦のイラスト

なんと、世の中の主婦の皆さんのへそくり平均額は450万円だそうです。
450万円・・・!
そんなに旦那さんに隠れて貯金ができるなんて、すごいですよね。
さすがやりくりの達人は違いますね・・・尊敬します!

ちなみに、旦那さんの方も奥さんに隠れてへそくりをしている人もいるそうですがやはり金額的には圧倒的に主婦よりも少ないそうです。
ほとんどの旦那さんが毎月お小遣い制で過ごしていると思うので、仕方ない結果かもしれませんね。

ちなみに、主婦の人がへそくりをしている一番の理由はなんだと思いますか?
老後のため?子供ため?孫のため?
なんと1位は自分のためだそうです。
自分のため・・・って聞くと、なんだか熟年離婚を想像してしまうのは私だけでしょうか?
密かにへそくりをして、熟年離婚を計画している人も少なからずいるのでは・・・?なんて思ってしまいます。

しかし、何かあった時のためにお金を大切にとっておくことはいいことですね!
人生何があるかはわかりません。
少しでも何かあった時のために、お金は大切にしておくと必ず役に立つ時が来ると思います。
主婦のへそくり金額を見習って、へそくり私も頑張ります。

衝動買いで後悔したなら、ちょっと待って!

衝動買いをしてしまって、後悔した経験ってありませんか?
会社の帰りにウインドウショッピングをしていたら、すごくかわいいコートを見つけて・・・。
高かったけど買ってしまった!

でも家に帰ってみて、よくよく考えてみるとこんな高い物買わなくてもよかったのに・・・。
なんでこんなの買っちゃったんだろう?

そんな経験が一度でもある人は、ちょっと待って欲しいんです。

買い物袋をいっぱい持った手

もしもどこかに出かけて、買うつもりではなかったけどスゴクいい商品に出会った時。
本当に今買わなければいけないものなのかを。
今買わなかったら、もう二度と買うことができない商品なのか。
買ったら何に使うのか。
本当にその商品でなければだめなのか、何か他の商品では代わりにならないのか。

商品を買う前に、これを考えるだけで衝動買いはかなり抑えられます。
なぜなら、よく考えると実は必要では無い物を買おうとしている場合が多いからです。
何かを買おうとする前に、ちょっと待って考えるだけで衝動買いしたいという気持ちはほとんどなくなります。
たったこれだけのことで、今まで衝動買いが癖で無駄な出費に悩んでいた人も貯金ができるようになりました。
買ったつもり貯金をするようになったからです。

今までだったら衝動買いしてしまっていたであろう商品を見つけたら、家に帰ってその金額分をすぐに貯金箱に入れるんです。
これだけで簡単に貯金がグッと増やせます。

私も以前は衝動買いが多かったです。
特に洋服に。
ですが買う前に、ちょっと待って考えるようにしただけでほとんど衝動買いすることはなくなりました。
もはやゼロに近いです。

そんなことで本当に衝動買いが減るの?
と思うかもしれませんが、効果は絶大です。
ぜひ、買う前に考えてみてください。

貯金の平均額って、月々いくら?

貯金って、みんな毎月いくらぐらいしているものなのか気になったことってないですか?
貯金の平均額って月々いくらなんだろう?
自分の貯金額は、平均よりの上なのか下なのか?

通帳と1万円札2枚のイラスト

これは社会人の人の場合ですが、毎月の平均貯金額は4~5万円だそうです。
子供がいない、共働きの夫婦であれば毎月10万円ほど貯金している人が多いようです。

この金額を聞いて、多いと思いましたか?少ないと思いましたか?
うちは平均よりも貯金額が少ない・・・とがっかりする必要はありません。
多くて羨ましいと思うのであれば、毎月の貯金額を増やすためにはどうしたらいいのか考えてみましょう。

今現在、大きな借金もなく生活しているのであれ貯金はできるはずです。
大人になれば、ある程度生活も安定してきます。
安定している今が、お金を貯めるその時なんです。

貯金ができればいいな、こうなれればいいな、と思っているだけでは何もなりません。
こうなりたいという思いがあるのであれば、少しずつでも実行に移しましょう。
目標のためには、いくらくらいの貯金がいつまでに必要なのか計画を立ててみるとわかりやすいです。
何から始めたらいいかわからない人は、まずは身近な携帯電話のプランを見直して安いプランに変更することだって十分貯金に向けて実行していることになります。
こういう何気ない努力から、毎月の貯金額は増えていくのです。
努力をすれば、一般の平均貯金額よりも多く貯金できる日は遠くはないはずです!