興味本意で読まず仕舞いとなった小説

私は、本を読む習慣が全くと言っていいほどありませんでした。
しかし、中学高校と朝読書と言って登校し朝のホームルーム前に5分から10分ほど読書をするという時間が設けられていました。
そこで、本を読んでいないと先生からの注意をいちいち受けなければならなかったのです。
なので私は席の近い友人から本を1冊借りて読んだふりというのを繰り返していました。
開いた本
そうすれば、面倒ごとに巻き込まれないだろうという浅はかな考えです。
しかし、ある時借りた本が無駄遣いのきっかけになりました。
たまたま、借りた本の4~5ページほど読んだ時、その世界に入り込んだかのように読むことに集中してしまいました。
私が小説を読むことに抵抗があったのは、いちいち登場人物を浮かべながら読むことがあまり好きではなかったからです。
なので、読むとしたらマンガでしたし、それすらも面倒がってアニメやドラマを見ていた方が私としては面白いと思っていました。

でもその小説は登場人物を思い描きながらという感じではなく、自然とドラマやアニメを見ているかのような感覚に陥りました。
そこからは、その本は休み時間や隙あらば授業中にも読んでいました。
そして、本を読み終わり作者を確認した後に、書店に向かいその作者の本を5冊ほど購入しました。
きっと、作者の書き方が自分の捉え方にピッタリハマっているのだろうと考えたため習慣が無いのにも関わらず多めに購入してしまったのです。
帰ってすぐに1冊目に手をつけ次の日には読み終わりました。

ここまでは、良かったのですが、なかなか次の本に手を出せず、次第に最初の衝撃も薄れていき、全ての本を読み切ることなく学生が終わってしまいました。
今ではどこへしまったのかも覚えてない始末に。
自分の習慣にないものを欲張ってしまったがための無駄遣いだったのかなと今では思います。

ただ貯金するのではなく目標目的を決めた貯金を

現在30代半ばの主婦です。
家族構成は、夫と2歳の息子の3人構成です。
現在は、夫のみの収入で生活しています、毎月安定しているわけでもなく決して高い収入でもありません。
子どもが小さいうちは一緒にいてあげたいと私も夫も考えており、いつか手が離れたらまた社会復帰しようかと考えています。
がまぐちに入った3種のお札
私が日頃から行っているお金の貯めるときに気を付けていることがあります。使うお金を決めて残った分を子ども用と家族用と分けて貯金をしていることです。
お給料日に銀行に行く時に項目を記入した封筒を持って行きます。「生活費」「お小遣い」「光熱費」などです。
必要な金額を移動させ、残ったお金を「子ども用の貯金」「家族用の貯金」4:6でそれぞれの名義に入金しています。

それぞれの使い道として、「子ども用の貯金」は学資保険の引落、春からの幼稚園の入学金や月謝などに使用予定です。
また「家族用の貯金」は普段は手をつけないようにしていますが、私と夫の保険金の引き落としや親族への出費や大きな買い物用としています。
近々の目標としては、来年にはマイホームを購入したいと計画中です。

日頃から使う金額をある程度決めておくことでそれなりの生活が普通になってきますし、目標があることで贅沢な生活でなくても充分な生活はできていると思います。

念願だったハワイ旅行、でも行く前に

今年の3月に、念願だった初ハワイ旅行に行って来ました。
去年の9月に決めて、娘との2人旅だったのですが、ツアーではなく自分でネットで色々情報を検索して、ありとあらゆる旅行サイトを見ながら、ホテルから航空券など自分で1番納得出来るところを、納得するまで時間をかけながら探しました。
パスポートと航空券
それはそれで楽しく、もちろんどれ位旅費がかかるのか、でも出来る限り金額は抑えたい。
日にちは2月から3月の間であればお値打ちな日を選べたので、毎日あっちのサイトは今この金額、こっちのサイトはこれよりいくらかお値打ちみたいな感じで迷いました。
中々決めるにも時間はかかったのですが、ホテルと航空券のセットがお値打ちだったので最終的にエクスペディアに予約をしました。
ホテルも凄く悩んだのですが、せっかく行くのですから安いホテルでがっかりしたくなかったので、人気の四つ星ホテルにしました。

地方なのでこちらからも国内線で、成田に行かなくてはいけないので、それも全部ネットで成田空港の発着時間に合わせて、国内航空券も手配しました。
初ハワイだし成田空港、ホノルル空港も行ったことないので不安でしたが、なんとかなるだろうと個人旅行に踏み切りました。

パスポートは持っていたのですが、ハワイにはESTAを申請しなくてはなりませんでした。
それもネットで申請したのですが、通常自分で申請したら1500円程で出来るはずのものです。
ですがネットの中には、ESTAの申請とうたって知らない人を騙し悪徳業者が自分のサイトを、全く通常のESTAのサイトに偽て作ったものが幾つもあります。
そんなことを知らず、通常のESTAのサイトと信じ込んで申請をしてしまいました。

クレジット払いなので、後で明細書を見て騙されたことに気づいたのですが、1人7500円でした。
もう悔しいやら、腹立つやらなんとか取り戻そうとしましたが無理でした。
自分が浅はかだったと思いましたが、せっかく楽しみで気分良くハワイに行けると思っていたのに出鼻をくじかれました。
でも旅行自体はは本当楽しく行って来れたので満足してますが、これだけが悔やまれました。

掛け捨て医療保険見直す価値あり

私は20才の頃、お世話になっている友人が保険会社に就職した為、保険加入を頼まれました。
何も保険に加入していなかったので、何かしらあった方がいいだろうと軽い気持ちで話を聞く事になりました。
月収18万で一人暮らしをしていた為、保険にかけれるお金は当然少なく、また友人も会社に入りたてでたいした知識もなかったのでしょう。
あまりいい内容とは言い難い保険加入となりました。
ただし貯蓄もしたいと申し出ていたので、月5000円は掛け捨てでなく積み立て出来るもの、他に2000円程度を掛け捨ての医療保険をつけ、合計7000円の保険となりました。
手術室のドア
積み立てられているのは嬉しい気持ちでおり、友人が保険会社を辞めた後(半年もたなかった…)も加入したまま、結婚して赤ちゃんを授かるまでの6年くらい加入してました。
赤ちゃんの学資保険や出産時に帝王切開になった場合に備え、つわりが酷くて仕事を辞めて時間が出来た事もあって、保険をようやく見直す事にしました。

あらためて見直すと掛け捨てで入っていた医療保険は骨折した場合に5万位もらえるもの、入院した場合に10日以上かかった場合のみ1日あたり数千円支給されるという内容。
…まずこの保険のお世話になる事はないなと、即保険会社に電話しました。
やめる理由も聞かれましたが、意味ないからとすぱっと言い切り、新しい保険を探しました。
まず積み立てられるもの、貯蓄型は夫の終身保険で入っているし、赤ちゃんのためには学資保険に加入予定。
なのでしばらくは専業主婦でいるであろう自分には、必要最低限の保険でいいだろうという考えにいたりました。

そこで共済保険を検討し、国民共済か都民共済かは迷いましたが、都民共済を選びました。
医療保険月がく2000円のもので、入院での保証は少なくても手術で5万・10万ともらえるので、入院する時は大抵手術あるだろうし、帝王切開も保険適応なのがわかり加入しました。
赤ちゃんを無事に自然分娩で出産後は、さらに安い保証額も半分になりますが1000円のものに変更。
保険は安くすませても、ちゃんと貯蓄出来ているのでいざというときも安心出来ます。
まだ病気リスクは低いと思うので、もうしばらくは最低限の保険にし、貯蓄をちゃんとしていくやり方でいきます。
保険イコールもしもの時の安心材料だと思っているので、年齢的な病気リスクもふまえて数年に一度は見直ししていきたいと思います。

カードの特典を生かした使い分け

現在イオンカードをメインとして使っています。
日々の買い物や光熱費、NHK料金の支払いなどです。
イオンカード払い特典を生かすために、買い物は基本的にイオン系列でポイント2倍の特典利用し、ガソリンスタンドもなるべくコスモ石油へ行きポイント2倍や5倍のサービスを受けています。
財布に入ったクレジットカード
月に数回あるカード払い対象の割引・ポイントサービスデーをチェック、他にカード利用支払い明細書とともに入っている各種クーポン、特典応募などをチェックしできる限りお得になるよう、節約をカードの特典に頼っています。
イオンモールにはイオンゴールド会員ができるラウンジを利用でき、お茶休憩ができるなどのポイントや割引以外のサービスもあり、イオン系列は全国に有数あることから、持っていてとても便利だと思います。

dカードはDoCoMo利用料金、ドコモ光の支払いに使っています。
年会費は一万円かかりますが、それ以上のdポイントのキャッシュバックが見込まれます。
利用料金の10%還元されるのですが、我が家の場合ではどこも利用料金だけで8,000ポイントほどの還元が望めますし、日常よく利用するマクドナルドやローソンでは3%オフの特典、その他いろいろな場所で使ってポイントを貯めることができ、そのポイントでお買い物ができるお得なカードだと思います。
こちらもdポイントサービスデーがあるので上手に使用すればたくさん貯めることができると思います。

欲しいものは、貯めたポイントで交換

普段買い物をするときには、基本的にクレジットカードが使えるショッピングストアを利用します。
洋服や家電製品はもちろんのこと、普段の食料品や日用雑貨も、一つのカードでまとめて支払うようにしています。
クレジットカードのイメージ
インターネットのサイトを通して買い物をする時には、そのカード専用のモールを利用すると、買い物の金額以上のポイントがついてきます。
毎月その支払いをしていくと、自然にポイントが貯まるので、それをセブンイレブンのnanacoカードにうつします。

ポイント移行分が実際にnanacoカードに反映されるのは1~2週間後なので、それまでにセブンイレブンに行って欲しい商品があるか確認しておきます。
急いでいなければ、10日後くらいにセブンイレブンのレジでポイント移行がされているか確認してもらいレジで支払いができるように手続きしてもらいます。
残高を確認し、欲しい商品をレジにもっていけば、nanacoカードの残金分だけ支払いができるようになっています。

化粧品は、特になくても困らないものですが、旅行に出かける時など使えるコンパクトなサイズは持ち歩きに便利なので、いつも交換するようにしています。
化粧品に限らず、合わせて牛乳や卵などもポイントで支払いできます。

オーロラ貯金を還暦までに100万円貯めたい

老後にきちんとした生活を送りたければ一人1500万円の貯金が必要になると言われています。
私たち40代の世代は年金はかろうじてもらえるものの、一か月11万円くらいしかもらえないと思います。
それだけあれば質素ながらもそれなりの生活は出来ると思いますが、私は老後の楽しみとして旅行したいと思っています。
3枚の500円玉
老後はとにかく時間は有り余ると思うので世界中を旅行してみたいところですが、やはりそれはお金がないと不可能です。
なので一か所だけ行きたいところを絞り込んでいます。
北欧かアラスカに行って、自分の目でオーロラが見てみたいのです。
オーロラは毎日見れるわけではないのである程度長期滞在が必要になります。

そのためにこっそりとへそくり貯金をしています。
これは地道に500円玉貯金です。
お財布に500円玉があったら即貯金箱に入れて、貯金箱がいっぱいになったら使い込んでしまう前に銀行に入金します。
これが結構貯まります。

コンスタントに貯まるし自分がお金を使う機会が多いほど500円玉も増えるので貯金箱に入れる枚数も増えます。
40歳に突入した時に思いついて始めたオーロラ貯金はいま32万円貯まっています。
還暦を迎えるころまでに100万円が目標です。

節約を家族に認識させるために私がしたこと。

去年マイホームを購入し、35年ローンが始まったばかりの我が家。
子供は上の子5歳と私は2人目妊娠中。
日頃から主人には節約を話してますがピンときていない様で、どうしたら節約してもらえるかを日々考えていました。
手でバツサインする女性
子供がYouTubeにはまり、家にいるときは殆どYouTubeを見ており、主人も一緒になって見る始末。
そこで時間を決めて見るよう話をし、約束事として守ってもらうようにしています。
食費に関してですが、毎日の主人へのお昼のお弁当はもちろん手作り。
飲み物も安いときにまとめ買いしたものか、水筒持参。

お米は私の実家から送ってもらえるのでお金はかかっていませんが、その他食材は安い物や冷蔵庫にあるものを使ってクックパッドを活用し美味しく見栄えのよい物を食卓に出すようにしています。
クックパッドを活用することにより、調味料の使い過ぎを防ぐことも出来、また食材の無駄をかなり省くことができます。

電気代・水道代は請求書を毎月主人と2人で見て、お互いに節約する自覚を持つようにしています。
少しづつですが、節約出来ているように感じています。
携帯代に関しては、Wi-Fiを使えるようにしたので毎月の料金は安くなりました。

遅刻しそうなのでなりふり構わず

私は現在学生で、遠い大学に通っています。
家からは、電車を一回乗り換え、だいたい1時間くらいはかかります。
一番はじめの授業だと、朝早く出ないといけません。
渋滞する車
そんな状況の中、時々お化粧や洋服にこだわり過ぎ予想以上に準備に時間がかかってしまうときがあります。
普段なら、間に合わないとわかれば諦めますが、どうしても休めない授業がある日のことです。
朝、目覚めると少し予定よりも遅い起床。
少し急いで準備すれば大丈夫かな?という時間帯に目が覚めました。

朝ごはんを食べ、さっそく身支度へ。
そこでファッションの組み合わせにすごく迷ってしまいました。
その結果、予定の電車時刻までギリギリという時間になりました。
ピンチ、絶対間に合わないといけないのにと思いながら自転車を走らせますが、目の前で電車とさようなら。

でも、どうしても間に合わないといけません。
乗り換えの電車時間まではまだ間に合いそうと思った私は、迷わずタクシー乗り場へと行きました。
そして、乗り換えの駅まで乗せてもらうことに。

そこでまた選択肢です。
高速を使うかどうか聞かれましたが、時間に余裕があったし、高速代を払うのも嫌だったので下道を選択しましたが、予想以上に時間がかかり電車に乗れず、結局、大学まで送ってもらいました。
思いがけない出費で八千円くらいでした。

ポイントも貯めやすいカードです

楽天カードのゴールドカードを持っています。
年会費は1万円程度です。
ゴールドカードには、Priority Passが付いてきます。
ゴールドカード
たまに海外出張するのですが、その際Priority Passがあると空港のラウンジが使えるのが嬉しいです。
全世界ではないのですが大体の主要空港では使えます。
通常、ラウンジを使ったら5000円程度かかりますので、2回使ったらモトが取れます。
ラウンジであれば十分疲れも取れますし、軽食も取れるので食費も浮きます。

あと楽天カードのメンバーの場合、パソコンにツールバーをインストールしてキーワード検索をすると毎日5円相当の楽天ポイントが貯まります。
あとスマホのアプリ(Point Screen)で商品を閲覧するとこれも毎日5円相当程度楽天ポイントが貯まります。
その他、メールdeポイント、とか楽天Navi機能を使うと毎日20円相当の楽天ポイントが貯まります。
毎日これらの機能、サイトでの作業時間は10~20分程度です。

少額と思われるかもしれませんがこれがバカになりません。
あと普段の買い物もなるべくカードでポイントを貯めるようにしています。
これらのポイントをコツコツ貯めていって、ポイントでちょっとリッチな買い物をとてもお得にできます。