お金がないけど服は欲しいときどうするか?

服が欲しいと街に繰り出せば、一着5000円程度。
コートに至っては一着1万円なんてザラです。
貧乏人の私はこれを買ってしまうと月末もやし生活を強いられます。

ベージュの高そうなコートでも服は欲しいと考えた結果行き着いたのが、古着屋さんです。
あらかじめ街をうろつき、いいな、欲しいなと思った物を覚えておき、古着屋さんで似たものを探します。
見つけたらキチンと試着した上で問題なければ購入という流れでした。

内容はコート二着、スカート二枚、タートルネック二枚、バッグと色々合わせて10点程度あったと思いますが、それら合わせて5000円少し超えたかなという程度でした。
街ではタートルネック一枚で5000円です。
それでこれだけ買えたとあれば100%お得でしょう。

古着屋さんの良いところは求めている服を見つけたときの達成感や、店員の方を気にせず済むとこだと思います。
宝探しのような感覚でこれはいい!と思えるものに出会うとテンションが上がってしまいます。
勿論譲れないポイントや、目当ての物がない場合もあります。

その場合は古着屋巡りを始めます。
それでも見つからなくてどうしても欲しい場合は高いものを買います。

良い物を安く買うならば探す、歩くなどの労力は多少なりと必要になってくると思います。
私はそれも好きなので苦労なく欲しいものを手に入れています。