値切るのではなく、これしか出せない!

車を買うときは、 夫婦二人だとかなり値切り易いです。
値段を聞いて ため息を付き、 家から持ってきた家系ノートを見ながら、 旦那さんに、 「どうしよう。予算オーバーだよ。。 」などと持ちかけると、 大抵の場合、「オーバーした額がいくらほどか?」と聞いてきます。

車選び

そこから、交渉スタートになります。
高い買い物ですから、数万円安くなるだけでもかなりの得だと思います。
絶対に最初からギリギリの値段を設定しているわけはないので、 そのまま購入したら損だと思います。

お店にもよりますが、 割とチェーン店のお店よりも、 昔ながら地元に密着している中古屋さんの方が融通がきくと思います。
こればかりは行ってみないとわかりませんけれども、 ポイントとしては、 やはりいくらまでなら出せるかと言うことを明確にしていくことだと思います。
そうすれば心がしっかりと入るのであちら様と、交渉しやすいです。

心のこもっていない言葉はどうしても負けやすいです。
あちらも本当に困る、値段はつけないと思います。
私たちの車の場合は、8万円ほどマイナスで買うことができました。
本当にこの金額でないと買うことができなかったのでありがたかったです。