遅刻しそうなのでなりふり構わず

私は現在学生で、遠い大学に通っています。
家からは、電車を一回乗り換え、だいたい1時間くらいはかかります。
一番はじめの授業だと、朝早く出ないといけません。
渋滞する車
そんな状況の中、時々お化粧や洋服にこだわり過ぎ予想以上に準備に時間がかかってしまうときがあります。
普段なら、間に合わないとわかれば諦めますが、どうしても休めない授業がある日のことです。
朝、目覚めると少し予定よりも遅い起床。
少し急いで準備すれば大丈夫かな?という時間帯に目が覚めました。

朝ごはんを食べ、さっそく身支度へ。
そこでファッションの組み合わせにすごく迷ってしまいました。
その結果、予定の電車時刻までギリギリという時間になりました。
ピンチ、絶対間に合わないといけないのにと思いながら自転車を走らせますが、目の前で電車とさようなら。

でも、どうしても間に合わないといけません。
乗り換えの電車時間まではまだ間に合いそうと思った私は、迷わずタクシー乗り場へと行きました。
そして、乗り換えの駅まで乗せてもらうことに。

そこでまた選択肢です。
高速を使うかどうか聞かれましたが、時間に余裕があったし、高速代を払うのも嫌だったので下道を選択しましたが、予想以上に時間がかかり電車に乗れず、結局、大学まで送ってもらいました。
思いがけない出費で八千円くらいでした。