月別アーカイブ: 2017年5月

ただ貯金するのではなく目標目的を決めた貯金を

現在30代半ばの主婦です。
家族構成は、夫と2歳の息子の3人構成です。
現在は、夫のみの収入で生活しています、毎月安定しているわけでもなく決して高い収入でもありません。
子どもが小さいうちは一緒にいてあげたいと私も夫も考えており、いつか手が離れたらまた社会復帰しようかと考えています。
がまぐちに入った3種のお札
私が日頃から行っているお金の貯めるときに気を付けていることがあります。使うお金を決めて残った分を子ども用と家族用と分けて貯金をしていることです。
お給料日に銀行に行く時に項目を記入した封筒を持って行きます。「生活費」「お小遣い」「光熱費」などです。
必要な金額を移動させ、残ったお金を「子ども用の貯金」「家族用の貯金」4:6でそれぞれの名義に入金しています。

それぞれの使い道として、「子ども用の貯金」は学資保険の引落、春からの幼稚園の入学金や月謝などに使用予定です。
また「家族用の貯金」は普段は手をつけないようにしていますが、私と夫の保険金の引き落としや親族への出費や大きな買い物用としています。
近々の目標としては、来年にはマイホームを購入したいと計画中です。

日頃から使う金額をある程度決めておくことでそれなりの生活が普通になってきますし、目標があることで贅沢な生活でなくても充分な生活はできていると思います。

念願だったハワイ旅行、でも行く前に

今年の3月に、念願だった初ハワイ旅行に行って来ました。
去年の9月に決めて、娘との2人旅だったのですが、ツアーではなく自分でネットで色々情報を検索して、ありとあらゆる旅行サイトを見ながら、ホテルから航空券など自分で1番納得出来るところを、納得するまで時間をかけながら探しました。
パスポートと航空券
それはそれで楽しく、もちろんどれ位旅費がかかるのか、でも出来る限り金額は抑えたい。
日にちは2月から3月の間であればお値打ちな日を選べたので、毎日あっちのサイトは今この金額、こっちのサイトはこれよりいくらかお値打ちみたいな感じで迷いました。
中々決めるにも時間はかかったのですが、ホテルと航空券のセットがお値打ちだったので最終的にエクスペディアに予約をしました。
ホテルも凄く悩んだのですが、せっかく行くのですから安いホテルでがっかりしたくなかったので、人気の四つ星ホテルにしました。

地方なのでこちらからも国内線で、成田に行かなくてはいけないので、それも全部ネットで成田空港の発着時間に合わせて、国内航空券も手配しました。
初ハワイだし成田空港、ホノルル空港も行ったことないので不安でしたが、なんとかなるだろうと個人旅行に踏み切りました。

パスポートは持っていたのですが、ハワイにはESTAを申請しなくてはなりませんでした。
それもネットで申請したのですが、通常自分で申請したら1500円程で出来るはずのものです。
ですがネットの中には、ESTAの申請とうたって知らない人を騙し悪徳業者が自分のサイトを、全く通常のESTAのサイトに偽て作ったものが幾つもあります。
そんなことを知らず、通常のESTAのサイトと信じ込んで申請をしてしまいました。

クレジット払いなので、後で明細書を見て騙されたことに気づいたのですが、1人7500円でした。
もう悔しいやら、腹立つやらなんとか取り戻そうとしましたが無理でした。
自分が浅はかだったと思いましたが、せっかく楽しみで気分良くハワイに行けると思っていたのに出鼻をくじかれました。
でも旅行自体はは本当楽しく行って来れたので満足してますが、これだけが悔やまれました。

掛け捨て医療保険見直す価値あり

私は20才の頃、お世話になっている友人が保険会社に就職した為、保険加入を頼まれました。
何も保険に加入していなかったので、何かしらあった方がいいだろうと軽い気持ちで話を聞く事になりました。
月収18万で一人暮らしをしていた為、保険にかけれるお金は当然少なく、また友人も会社に入りたてでたいした知識もなかったのでしょう。
あまりいい内容とは言い難い保険加入となりました。
ただし貯蓄もしたいと申し出ていたので、月5000円は掛け捨てでなく積み立て出来るもの、他に2000円程度を掛け捨ての医療保険をつけ、合計7000円の保険となりました。
手術室のドア
積み立てられているのは嬉しい気持ちでおり、友人が保険会社を辞めた後(半年もたなかった…)も加入したまま、結婚して赤ちゃんを授かるまでの6年くらい加入してました。
赤ちゃんの学資保険や出産時に帝王切開になった場合に備え、つわりが酷くて仕事を辞めて時間が出来た事もあって、保険をようやく見直す事にしました。

あらためて見直すと掛け捨てで入っていた医療保険は骨折した場合に5万位もらえるもの、入院した場合に10日以上かかった場合のみ1日あたり数千円支給されるという内容。
…まずこの保険のお世話になる事はないなと、即保険会社に電話しました。
やめる理由も聞かれましたが、意味ないからとすぱっと言い切り、新しい保険を探しました。
まず積み立てられるもの、貯蓄型は夫の終身保険で入っているし、赤ちゃんのためには学資保険に加入予定。
なのでしばらくは専業主婦でいるであろう自分には、必要最低限の保険でいいだろうという考えにいたりました。

そこで共済保険を検討し、国民共済か都民共済かは迷いましたが、都民共済を選びました。
医療保険月がく2000円のもので、入院での保証は少なくても手術で5万・10万ともらえるので、入院する時は大抵手術あるだろうし、帝王切開も保険適応なのがわかり加入しました。
赤ちゃんを無事に自然分娩で出産後は、さらに安い保証額も半分になりますが1000円のものに変更。
保険は安くすませても、ちゃんと貯蓄出来ているのでいざというときも安心出来ます。
まだ病気リスクは低いと思うので、もうしばらくは最低限の保険にし、貯蓄をちゃんとしていくやり方でいきます。
保険イコールもしもの時の安心材料だと思っているので、年齢的な病気リスクもふまえて数年に一度は見直ししていきたいと思います。