月別アーカイブ: 2017年8月

ベランダに食べられる草を植えました

子が生まれて間もないころ、家賃やら生活費やらとにかく全然見通しが立たずお金が底をつきました。
当時は今のように育児休業中の収入は「0」円で、逆に社会保険料などは請求され、実質私の収入はマイナス3万円でした。
夫の収入は月に20万くらいだったので、そこそこ頑張れると思っていましたが、家賃と光熱費を合わせると10万くらいになり、他にも食費、子どももできてミルクやおむつ、育児手当どころか、医療費も1歳までしかない時代でしたので、本当に苦しかったです。
実ったプチトマト
光熱費が払えない人なんて、別世界の話と思っていましたが、真に自分がそれになっていました。
よくバブル時代は景気が良いと思っているみたいですが、それは一億総中流時代だったので、みんな仕事はできるけど、貰っているのは今の高齢者世代で、若い世帯は今よりも年収は少なく、年を取ればきっと収入が増える、と言われていた時代。
決して楽ではありませんでした。

そのうえ、様々な手当ても0、物価もバブルに合わせてそれなりに高く、普通に生活しようと思うと、親たちに頼らないと生活できない若い人もいました。
仕方なく、プチトマトやシソ、ハーブなどを実家からもらって植えたり、実家でもらえるものは何でも貰いました。
母が遊びに来ると、子どもの服を必ず買ってもらったり、外食させてもらいました。
本当に親がいなければ、生活できなかったと思います。
本当に今の親たちが羨ましいです。

高級化粧品を売りつけられてしまいました

学生の頃の話です。
渋谷の学校に通っていましたが、地方から出てきていましたので、全てが新鮮で、たまにテレビのインタビューされたりもしていたので、さすが渋谷だと浮かれていました。
ある日イケメンの男の人に声をかけられて、雑誌のアンケートなんですが協力してくれませんか?と言われました。
契約書に捺印
以前にテレビインタビューの経験があったので、疑うことなく軽い気持ちで男の人に着いていきました。
ついたところは雑居ビルの1室でしたが、若い女性が多数楽しそうに面談していました。
本当にアンケートのようなものをやったと記憶していますが、その後にお肌に悩みはないですか?潜在しているシミを見てあげましょうか?と言われました。
そしてなにやらブラックライトのようなライトを当てられて、ここが近い将来シミとなって表面に現れるから今から気をつけた方がいいですよと脅してきました。

不安がっていると、そのシミを防ぐ方法がありますよと言って、化粧品を出してきました。
その化粧品は本当は30名限定で雑誌のモデルさんでほとんど決まっちゃったんだけど、あと2名分だけ化粧品が用意できるからよかったら特別にどうぞと言われました。
すごい高級な成分が入っているなどと成分のうんちくを長々と説明されて、いかにすごい化粧品かをアピールしてきました。

クレンジング、洗顔、パック、化粧水、乳液、美容液の2年分くらいの量のセットでしたが、30万円でした。
月12000円のローンで買わされました。
購入者特典で、その雑居ビルに入っているネイルサロンと美容室が月1度まで無料で利用できるとのことでした。
しかし、その雑居ビルは数ヵ月後利用できなくなっていました。特典は1度も利用しませんでした。
ウキスビ化粧品という名前だったと思います。20年近く前の話です。