月別アーカイブ: 2017年10月

麻紐でおしゃれなナチュラルテイストに

夏の定番素材、麻は高級な衣類にも用いられるものですが、麻紐は100均でも手に入るのをご存知ですか?
小物にギフトちょこんとプラスするだけで、簡単におしゃれなナチュラルテイストに大変身しますよ。
例えば、いらなくなった瓶に、ぐるぐる巻きつけて蝶々結びをするだけでも、素敵なインテリアになります。
お好みのお花を一輪生けて、窓際や玄関に飾るのもいいですね。

麻ひものラッピング

瓶の口だけを麻紐で何重か巻いて、中に海や川で拾った石や砂、流木や貝殻を入れてコルクで栓をすれば、夏の思い出を残すのにもピッタリです。
乾くと透明になる接着剤で固めながら小皿にぐるぐる敷き詰めれば、アジアンテイストな小物入れだって簡単に作れてしまいます。

また、麻紐はギフトラッピングにもおすすめのアイテムです。
手作りのお菓子などを袋詰めにして贈るときには、麻紐で口を結ぶだけでも目立ちすぎず、優しくメインのお菓子を引き立ててくれます。
ボックス型の贈り物の場合は、十字にかけて蝶々結びをするだけでもよいですが、カラフルなビーズを通してみたり、モールを巻き付けたりしてもかわいいですね。
十字だけでなく、斜め掛けやV字掛けなど紐のかけ方を変えても表情が変化しますよ。
包装紙に悩んでしまったら、無地のクラフト紙でもOKです!
麻紐はリボンよりも安価ですので、ふんだんに使って、オリジナリティーあふれるアレンジに挑戦してみてください。

値切るのではなく、これしか出せない!

車を買うときは、 夫婦二人だとかなり値切り易いです。
値段を聞いて ため息を付き、 家から持ってきた家系ノートを見ながら、 旦那さんに、 「どうしよう。予算オーバーだよ。。 」などと持ちかけると、 大抵の場合、「オーバーした額がいくらほどか?」と聞いてきます。

車選び

そこから、交渉スタートになります。
高い買い物ですから、数万円安くなるだけでもかなりの得だと思います。
絶対に最初からギリギリの値段を設定しているわけはないので、 そのまま購入したら損だと思います。

お店にもよりますが、 割とチェーン店のお店よりも、 昔ながら地元に密着している中古屋さんの方が融通がきくと思います。
こればかりは行ってみないとわかりませんけれども、 ポイントとしては、 やはりいくらまでなら出せるかと言うことを明確にしていくことだと思います。
そうすれば心がしっかりと入るのであちら様と、交渉しやすいです。

心のこもっていない言葉はどうしても負けやすいです。
あちらも本当に困る、値段はつけないと思います。
私たちの車の場合は、8万円ほどマイナスで買うことができました。
本当にこの金額でないと買うことができなかったのでありがたかったです。